忍者ブログ
味のある人間に憧れて・・・
[197] [195] [194] [192] [193] [191] [190] [189] [188] [187] [186]

彼のお母さんから頂いた、大きな大きな梨。

つ・潰される・・・
-という鳥の悲鳴が今にも聞こえてきそうです・笑

200711052050000.jpg

実家に放置されている彼の車がもうすぐ車検をむかえるので、
仕事で取りに行けない彼の代わりに、週末彼の実家へ取りに行ってきました。

『たまには一緒に帰ろうよ。』と誘っても、
『あそこ(実家のこと) は遠いんだよ。』と言って
用事がない限り、滅多に実家に帰らない彼。
まぁ、あまり頻繁に『パパ~ママ~』なんて帰られても困りますが、
お父さんはともかく?お母さんはきっと気になるだろうなぁ~
・・・というわけで、私はもっぱら彼の近況報告係。
(てか、1番盛り上がる?話題はやっぱり"彼=息子のこと"なんですよね。)
顔を見せない息子のことを『いいよ、いいよ』と言っても、
彼の話をしている時のお父さんとお母さんは、やっぱり嬉しそうです。

帰り際、『これ持ってってくれる?』とお母さんがくれたお土産は
彼がこの世で一番好きな果物である梨の他に、
たくさんの柿と彼が好きそうなお菓子。
そして、なぜかイカの酢漬け!

お酒も飲まないし、こんなの食べるのかなぁ?(・ω・)?

と思いつつ、帰ってから彼に差し出すと、早速開封。
私もだいぶ彼の好みが分かるようになったつもりでいましたが、
さすが、母。。。天晴れです

同じ日に自分の実家にも寄った所、
『これ持ってく?』とするめ母がくれたのは、サーモンの切り身。
わお~♪持ってく持ってく o(⌒▽⌒)o と大喜びの私は
何を隠そう、回転寿司でサーモン10皿たいらげるほど無類のサーモン好きなのです。ぐふふ

サーモンの切り身はタイムリー☆な戦利品でしたが、
それでも私が好きなのを知ってて半分分けてくれたするめ母や、
彼の好きなモノをせっせとまとめて持たせてくれた彼のお母さん。
大きな梨に込められたお母さんの大きな愛情を
しみじみ感じた1日なのでした。

まったく、たまにはゆっくり帰ってやれ~ ヽ(`◇´)ノ

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
結婚すると両親のありがたさを実感するよね。
実家で夕飯を食べる時は私の好きなものがでてくるし(たまにコンビニご飯の時はナゼ??って思うけど・・・)。
男の子ってゆうのは実家帰ってもあんまりおしゃべりとかしないから、帰るのめんどくさいのかなあ?私の周りの男共は(旦那&兄)男の割りには結構おしゃべりだから、頻繁に顔だしてるよ♪ってゆっても旦那は実家で働いてるから、あたりまえか。
そうそう、するめさん!お勧めの若槻千夏のブログはまったよ~。まとめて過去の日記を読むと面白い☆
ぺい 2007/11/07(Wed)12:31:44 編集
千夏と千秋
コンビニご飯ウケルんですけどゞ(≧ε≦)それは確かにナゼ?って思うわね・笑。

この前用事で一瞬だけ帰ったらしいんだけど、タクシーが来るまでの数分しかいなかったらしく、『嵐のようにきて去っていった』とお母さんが寂しそうに言ってたわ
親にとってはいくつになっても子供は子供だろうから、ぺいさん旦那のように顔見せてくれると、それだけでウレシイだろうね^^ 

ちなってぃー、はまってくれたのね(≧▽≦)♪
なかなか面白いでしょ?あの軽さ加減がなかなかいいのよね~
最近は千秋のブログも読みやすくて好き。
○○と天才は紙一重だとつくづく思いまふ。 
【2007/11/07 13:03】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ネコ温度計
いらっしゃいませ
プロフィール
HN:
するめ
性別:
女性
職業:
センギョウシュフ
趣味:
思想妄想・迷!?想にふけること・・・
自己紹介:
噛めば噛むほど味が出る・・・
そんな味のある人間に憧れて、人生を奔走中。
泣いて笑って、悩んで遊んで。
気ままな日記にお付き合い下さい(^_^)
最新コメント
[02/18 raranko]
[09/18 raranko]
[04/29 raranko]
[04/14 raranko]
[03/27 りんご]
明日天気になぁれ

-天気予報コム- -FC2-
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.