忍者ブログ
味のある人間に憧れて・・・
[59] [58] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2日目はピラタス蓼科というスキー場へ。
ここには100人乗りのゴンドラがあり、山頂までの往復ができるということなので、
スキーをやらない老人チームも一緒に行ってきました。

山頂で二手に別れ、老人チームは登山道へ。
ほんの散歩コースのつもりが40分もスリル満点のコースだったようです。
雪深い道を歩き、しまいには崖のような斜面を
滑って降りなければいけないという、かなりスリル満点のコースだったようです。

photo.jpg対するスキーチームは山頂から麓までの超ロングコース。
1日目同様かなりに恵まれ、雪不足より何より
日焼けが怖い私。
(だったら行くなという感じですが)
ですが、コースから眺めるアルプスの山々は最高でした。

でもやはり暖冬のせいか、見渡す限りの山々は
白というより緑・・・
なので、かなり雪深い所まで来ているにも関わらず、 
あまり雪山に来ているような気がしないのが残念でした。
雪不足の為閉鎖されていたコースもありましたが、適度な斜面のある
麓のコースも満喫し、本日も1日しっかり滑って楽しんできました

 


夕食は、2日間ともホテルの庭に面した大きな窓のある個室で頂きました。
すると突然!庭を横切る、尻尾がふわふわした身体の長い動物が。
『何だ、あれは???』 ?(゜д゜=゜д゜)?

この辺りには、ウサギやキツネ、アナグマなどがしょっちゅう遊びに来るとのこと。
私達が見たのはテンなのですが、庭にテンの餌なるものが潜んでいるらしく、
それを捕まえる度に出てきては、せっせと穴倉に運んでいるようでした。
食事そっちのけで窓ガラスに張り付き、テンの出現を今か今かと待ち構える私たち。
すると、まさにそこへ、餌をくわえたテンが巣に戻ろうと私たちの前を通過しようとしたその時!

200701051159000.jpg 『なんだこれは???』 

という驚きの表情とともに、巣とは反対の方向へUターンして逃げていってしまったテン。
どのように見えたのかは謎ですが、とにかく私たちの存在にビックリしていたのは事実です。
おどかしてごめんね。

↑ちなみにこれは、テンの剥製です。
ホテルの人の紹介で、翌日近くの観光博物館に行った所に動物達の剥製の
展示がされていたのですが、テンの驚いた顔がまさにこんな感じでした。
画像が暗いので、見にくくてごめんなさい。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
E-MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ネコ温度計
いらっしゃいませ
プロフィール
HN:
するめ
性別:
女性
職業:
センギョウシュフ
趣味:
思想妄想・迷!?想にふけること・・・
自己紹介:
噛めば噛むほど味が出る・・・
そんな味のある人間に憧れて、人生を奔走中。
泣いて笑って、悩んで遊んで。
気ままな日記にお付き合い下さい(^_^)
最新コメント
[02/18 raranko]
[09/18 raranko]
[04/29 raranko]
[04/14 raranko]
[03/27 りんご]
明日天気になぁれ

-天気予報コム- -FC2-
忍者ブログ [PR]
♥ sozai:ふわふわ。り Template by hanamaru.